ひなたぼっこ。
 
もう自由なのさぁ~(´・ω・`)ノシ
 


★深夜デート2★

昨日本当に有り得ない事態が起こりました・・・。


その日先輩は、午後から出張って事歳世は知っていたのです。
なので、先輩はいないと思い休憩室の禁煙席で只管勉強していました。・・・いつもは、先輩がいるの知っているから、喫煙席でお話している事が多い。

はい、いたのです。メールもいつの間にか来ていて・・・。
歳世「ふぇ・・・?先輩出張ではなかったのです?」
先輩「16時から行く。(じぃ~)」
歳世「・・・?ぁっ!!こ・・・これはっ明日漢字テストの勉強なのですよ!・・・あまり見ないで下さいまし・・・努力している所とか見られたくない(テキストを急いで閉じて)」
先輩「・・・ふーん。時間だから行くわ」
歳世「あ、はい。行ってらっしゃい」
にぱ~☆と笑顔で見届けましたよ。後から聞いた話、歳世が来ると思って、先輩は4時間歳世の事を待ち続けていたそうです(苦笑)



そして、その夜いつも通りに仕事を終らして、これから電車に乗って帰宅して~授業の予習して~と考えながら、店長達と別れたあと・・・・先輩からメールが。
<今逢いたい;;>
だそうで・・・。えっ!?今どこです?と返事したところ、今日の出張先は、遠い場所だったらしく歳世のいる場所から少なくとも30分以上かかるところにいたそうな・・・。
<何があったかは、存じませんが・・・私、待ってます。いつもの場所にいますから>
と、送った後雨宿りしながら、30分以上待っていました。時刻は、22時半。待っている間、ホスト軍団が何度も絡んできましたよ。
そして、やってきました。歳世の目には、涙が溢れていましたよ。
先輩「・・・泣いてる?」
歳世「・・・・ばか、泣いてないっ!・・・で、何です?18歳の小娘を雨の中待たせておいて?」
先輩「給料日になるまでお世話になったから。」
歳世「いえ②・・・・それだけ?」
先輩「本当は、話す事沢山あったけど、歳世の泣き顔見たら話すの失せた」
歳世「だから、泣いてな・・・」
抱きつかれましたよ。雨の中。・・・どうすればいいのか、わかんない。
ボソッと強がり・・・と言われましたよ。今、歳世が鬱状態に陥っている事知っていますからね。
歳世「強がりです。今の歳世は。ほら、お酒買ってきますから放してくださいます?」
というと、解放してくれましたよ。その後、コンビニに行って、適当にお酒買ってお話しました。
全く・・・・どうして、休憩室で逢った時に、仕事終わってから逢いたいとか言わないのです?・・・少しは、歳世の苦労も考えて下さいと愚痴りました。


気が付いたら、もう0時15分。地下鉄の終電は、無くなっていて先輩が帰れない状態になりました。
歳世の乗る電車の終電は、0時半。
ごめんね。と何度も言いましたよ。冗談で、歳世の家に来る?と言いましたけどね。先輩が来たら、歳世の親に殺されます。
兎に角、疲れましたですよ。突然呼び出しなんて反則だぁ!
明日仕事終わったら、また終電まで話し開けます^^;
たぶん、明日先輩レジだから終わるまで待たないと・・・。



4月25日(水)22:53 | トラックバック(0) | コメント(0) | 日記 | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメントはありません。


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン