ひなたぼっこ。
 
もう自由なのさぁ~(´・ω・`)ノシ
 


桜蘭高校ホスト部#24「そして鏡夜は出会った」

 今回は、こたつで接待でした。
ハルヒは、鏡夜に疑問をぶつけます。それは、『どうして鏡也が、環とホスト部を作ったか?』ということ。


2年前の春
まだ鏡也が中等部三年で、三男としての枠の中にいた頃の話。
その当時、“須王財閥の跡取”が転校し、鏡也のクラスにやってくることになりました。父に言われたこともあり、鏡也は利用価値があるであろう彼と、仲良くしておこうと思っていました。 
しかし、やってきた須王の跡取・環は予想以上のバカ。 とはいえ、友達になっておこうと色々していたのですが、鏡也は自分らしくもなく、振り回されっぱなしです。
その時はまだ気づいていなかったのです。 環の持つ周りを巻き込む力が自分にも及んできていて、徐々に自分が変わり始めていることに…。


冬になりました。
鏡夜の部屋にこたつが用意されていて、環は大喜びです。
そして・・・・ホスト部設立の話を持ち込みました。


次回#25「ホスト部解散宣言」



Sep.26(Tue)16:49 | Trackback(23) | Comment(0) | 桜蘭高校ホスト部 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)