ひなたぼっこ。
 
もう自由なのさぁ~(´・ω・`)ノシ
 


Fate・第九話「月下流麗」感想。

 柳洞寺に行って、アサシンと対峙するセイバーさん。
ここまでは、ゲームと一緒なのですが・・・・「ライダーとキャスターの戦いってあったっけ・・・?」っと、夜中にツッコミ。
ゲームでは、death Endで微妙に出てくるんですけどね、2人共。
一方、衛宮家では・・・左手が痛むということで、士郎起床。
セイバーがいないと気付き、自転車に乗って急いで柳洞寺へ。

アサシンの攻撃に苦戦するセイバーは、このままでは不利になると悟って、不可視の剣を開放する。
剣を開放した後、多大な風が剣を覆う。
ようやく、柳洞寺についた士郎は風を受けながらもセイバーに駆けつける。
ライダー、キャスターもセイバーの魔力開放に気付き、ライダーはここで退散する。・・・何しに来たのかはっきり目的はわかりませんでしたけど・・^^;
セイバーが剣を振ろうとした瞬間、士郎到着~。
だけど、第三者の気配に気付いた士郎は声をあげる。
それに伴ってセイバー・アサシンも気付き・・・・。
第三者の人物は、素早く気配から消えていく.
結局、セイバーは剣を振らず。アサシンは、退散する。
アサシンが退散した後、魔力を使いすぎて、石段の上から倒れてしまう。士郎がキャッチするとセイバーは眠っていた。
セイバーを背負って衛宮邸へ。自転車は置き去りです。

玄関に到着して、セイバーをおろすとそこには凛がいた。
凛は、柳洞寺での出来事を悟り、とりあえずセイバーを休ませることを優先した。
居間でお茶を淹れながら、待ち構えると凛・セイバー登場。
休ませている時にセイバーは起きたらしい。
セイバーは徹底的に士郎の甘さを突く。
そこで、士郎は時間の許す限りでセイバーに剣術を習うことを決意した。
第九話はここまでです。
はっきり言って・・・進むのが早いのか遅いのか微妙なところです。
オリジナルも少し入っているみたいなので・・。
次回は「穏やかな幕間」です。



Mar.6(Mon)20:58 | Trackback(94) | Comment(0) | Fate/stay night | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)